HOME > LPガスを安全に使うには

ガス漏れかなと思ったら

対応方法

  1. 着火のもととなるような裸火、換気扇、電気などのスイッチにも絶対触れないようにしましょう。
    電気のスイッチは切る時にも火花が出るので、電気のスイッチは切らずにそのままにしましょう。
  2. 窓などを開けて、ガスを外に逃がしましょう。
  3. ガスの元栓、器具栓を閉めましょう。
  4. 容器バルブは必ず閉めましょう。
  5. ガス漏れの状況をガス会社に連絡しましょう。

監視センター TEL:028-633-0085

ページの先頭へ戻る

ガスメーターの復帰方法

ページの先頭へ戻る

こんな時はガスを止めます

ページの先頭へ戻る

地震・火災・洪水など災害時には

地震の際は、まずは身の安全を第一に頭部を守り、机の下等に隠れてください。

揺れている際には火に近づかないでください。揺れが収まってきたら、二次災害を防ぐためにガス器具の使用を中止しガス栓を閉めてください。

万が一、ガスのにおい等がした場合はすぐにドアや窓を開けて換気をおこなってください。

※ 換気扇は絶対に使用しないでください。電気の通電の際に火花が起こり危険です。
早急にご利用いただいているガスの事業所または、24時間集中監視センターまでご連絡ください。
大規模な地震の場合は外のボンベ容器のバルブも閉めてください。(二次災害予防のため)
また、災害後にLPガスを使用する時は、販売店に連絡し点検を受けてから使用してください。

火災・洪水の場合、ガス器具・ガス栓・ボンベのバルブを閉めてください。

災害後は使用する前に、ご利用の事業所にご連絡ください。